外壁・吹き付け塗装面

submain

midashi_4

installation4_1 躯体コンクリートを保護する事を目的に塗装をします。

●経年で劣化します。

太陽熱や降雨水の影響を受け塗装の層は劣化します。
それと同時期にコンクリートも劣化を始めます。
保護する層が脆弱になるので、ひび割れや、欠けが
出て中の鉄筋が腐食を起こします。ここを直さないと
どんなに優れた塗料で施工しても数年でやり直しを
しなければなりません。下地の補修は大変大切な工程
です。ひび割れや表層材の浮きなどの不具合は地震動
などの影響を受けてできるものもあります。

installation4_3

顔料が露出:チョーキング。塗膜が浮いて、ひび割れも見えます。
コンクリートが弾けています。叩いてみると錆びた鉄筋が出てきました。

installation4_4

ひび割れから水が浸透してコンクリートが欠けてしまいました。

installation4_5

installation4_6 installation4_7
installation4_8 installation4_9
installation4_10 installation4_11
installation4_12

0.7㎜のひび割れ。

installation4_13

ひび割れから錆び水が出ています。

installation4_14

誘発目地から錆水が出ています。

installation4_15

コンクリート押出し現象。

installation4_16

コンクリート押出し現象。

installation4_17

白華現象(エフロレッセンス)。

最近の施工事例

ページ上部へ戻る