給湯設備改修工事

 修繕周期

  • 給湯管の劣化の程度は、配管・継手の材質や修繕履歴等によって異なるため、周期にはかなり幅があります。
  • 給湯器は、設備に対する要求水準の高まりに応じて適宜、性能の優れたものに取替えます。

概算コスト

・給湯設備の改良工事のコスト(単価)は、概ね次のように想定されます。
項目 工事 工法・仕様等 コスト
ガス給湯器(※1) 新規設置 屋外壁掛け型(追い炊き機能付き)
ガス湯沸かし器16~24号
25~40万円/台
電気給湯器(※2) 既存設置 屋外設置型深夜電力利用電気温水器 380L 35~50万円/台
新規設置 屋外設置型深夜電力利用電気温水器 380L 50~80万円/台
新規設置 局所電機式貯湯槽 10L 13~17万円/台
(※1)配管工事費は含まない
(※2)共用幹線設置費用は含まない

最近の施工事例

ページ上部へ戻る