給水装置・給水施設の改修工事

 修繕周期

  • 給水装置(給水ポンプ・附帯機器類)は、5~7年程度でオーバーホールを行い、18~24年で取替え(揚水ポンプ・加圧給水ポンプ等のポンプの種類や日常のメンテナンスによっても若干周期は異なります)。給水用エンジン付ポンプも18~24年で取替えます。
  • 受水槽、高置水槽等の水槽類は、コンクリート製、鋼板製、FRP(ファイバー繊維強化プラスティック)製があります。コンクリート製では内面防水を15~20年で実施します。鋼板製では外面保護塗装は6年程度、内面塗装は12~18年程度。FRP製では外面塗装を6年周期で行い水槽の延命を図ります。
    塗装によるメンテナンスがなされたものについては、一般的には、屋上設置の場合は15~20年程度、地上設置の場合は20~25年程度、屋内設置の場合は、25~30年程度で取替えます。ただし、設置時の仕様やメンテナンスの状況によりこの周期は変わります。
  • 水槽の附帯機器類(定水位弁、電磁弁、ボールタップ、電極装置、弁類)は5~10年程度で取替えます。

概算コスト

・給水装置・給水施設の改修(修繕・改良)工事のコスト(単価)は、概ね次のように想定されます。
項目 工法 工法・仕様等 コスト
モデル1
(5階・30戸)
モデル2
(10階・50戸)
受水槽 (現況・仕様)  コンクリート製
16㎥(2m x 4m x 2mh)
コンクリート製
32㎥(4m x 4m x 2mh)
防水更生 エキポシ樹脂シート・FRP 120~160万円/基  240~320万円/基
地上設置取替え  本体FRP組立パネル
複合板(配管共)
中仕切2槽
 360~430万円/基  580~700万円/基
同上 基礎
(杭は別途)
180~240万円/基  290~380万円/基
外面塗装
保護
鋼板・FRP  40~50万円/基 80~100万円/基
高置水槽 (現況・仕様)  FRP製 4㎥
(1m x 2m x 2mh)
架台3m程度
FRP製 8㎥
(2m x 2m x 2mh)
架台3m程度
外面塗装
保護
 16~20万円/基 37~48万円/基
FRP製
取替え 
本体  170~220万円/基 510~660万円/基
揚重・処分 100~130万円/基  130~170万円/基
揚水
ポンプ
(現況・仕様) 40Ф x 32Ф -27m x
150リットル/m x 1.5kw x 2台
・自動交換運転
65Ф x 50Ф -48m x
250リットル/m x 7.5kw x 2台
・自動交互運転
オーバー
ホール
12~15万円/基 30~40万円/基
取替え ステンレスポンプ
片吸込渦巻
23~30万円/基  60~80万円/基
加圧
給水
ポンプ
(現況・仕様) 27m x 150リットル/m
x 1.5kw 交互運転
48m x 250リットル/m
x 5.5kw 交互運転+並列運転
取替え 接水部ナイロン
コーディング仕上げ
60~80万円/基  440~580万円/基
直結
増圧
ポンプ
(現況・仕様) 27m x 150リットル/m x 1.5kw  48m x 250リットル/m x 3.7kw
取替え  220~290万円/基 250~330万円/基

最近の施工事例

ページ上部へ戻る